エレガントガラスワーク元町

グラスリッツェン
グラスリッツェンとは、ダイヤモンド・ポイント彫り、手彫りなどともいわれ、
透明なガラスの表面に繊細な文様を彫り込む技法で、
イタリアのヴェネチアで16世紀に始められました。

17世紀にはオランダへ、その後はイギリスにも伝えられました。
ヴェネチアでは、当時レース編みが盛んだったので、そのレースのイメージを
ガラスの表面に刻み込んだのが始まりです。
その後オランダで線彫りの技法と点刻との2種類に分かれて発展し、
主として肖像や風景が彫刻されました。

また、イギリスでも18世紀ごろに流行しました。
この技法は、繊細で上品な表現方法ですが、比較的に時間がかかることから、
上流家庭の婦人たちの余暇に行われる工芸として流行しました。

明るくしたい部分は多く彫り、白の濃淡で陰影をつけます。
根気は必要ですが、とても繊細で素敵な作品ができます。

由水常雄著「だれにでもできるガラス工芸」より

グラスリッツェン製作過程

内側に下絵を貼り、輪郭を
ダイヤモンドの粉がついた
ペンでなぞります。

下絵をはずし、輪郭から
はみださないように
白く塗りつぶして彫っていきます。
模様からずれないように慎重に。

細い線も下書きから
ずれないように慎重に。
輪郭線を整えて完成です!


体験ページ    スクールインフォメーション    ↑TOP
Home